スポンサーサイト
--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
2009年01月28日(水)


今日はレディースディ。
昨日観たばっかりだけど、今日も映画を観てきました。


今日観たのは
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

revo_01.jpg


「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが
再びカップル(夫婦)役として出演した映画です。
キャシー・ベイツもタイタニックに出演していましたね。
監督のサム・メンデスはケイト・ウィンスレットのご主人だそうです。



あらすじ

舞台は1950年代アメリカ。
『レボリューショナリー・ロード』と名づけられた閑静な住宅街に住み、
ふたりのかわいい子供にも恵まれ、
はためには理想の夫婦に見えるフランクとエイプリル。

今は会社員として単調な毎日を送るフランクは、
虚しい日々からの脱出を夢見、
女優志願の夢を捨て、子育てと家事に明け暮れるエイプリルは
もう一度人生への情熱を取り戻したいと考える。

そんな二人はエイプリルの提案でパリへの移住を決意。
蘇った希望に胸をはずませながらも
その実現には数々の問題が立ちはだかる。
彼女が感じる「絶望的な空虚さ」を真に解するのは、精神を病んだ青年だけ。
やがて、その人生は予期できなかった衝撃の結末へと突き進んでいく……。




全体的に自分自身を追い詰めて
どんどん精神的に不安定になるエイプリルが痛々しかった。
前日の激しい言い争いから一転、
翌朝の穏やかな朝食シーンになったとたん、涙があふれました。
あぁ、最後なんだな・・・って。
覚悟を決めたエイプリルの心を見抜けず、
そして衝撃の時が待っているとも知らずに
その穏やかな時が嬉しそうなフランクが切ない。
やり直せる、明るい未来が待っているって思ったんだろうな。


最後に取った彼女の行動は共感できないけど
彼女の気持ちはいろいろな場面で理解できます。
激しい彼女の部分だけ切り取れば「精神的に普通じゃない」と取れるけど
そうなるまでの経緯があるわけで、
多くの女性はエイプリルのような面を持ってると思います。
あそこまで激しくはないけど、私にもそういう部分があるし。
私の場合、ダンナがオトナなので救われてるんだな。
フランクのようなダンナだったら私はダメだ。



ラストシーンは
これもまた1つの夫婦のあり方だということを演出してるような1シーンです。
皮肉も入っているんでしょうけど
世のダンナさまはこういう方が多そうな気がします。


内容はかなりハードですが、
私なりにとても考えさせられる映画でした。


スポンサーサイト

■ コメント

■ コメントの投稿

     

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://junekei.blog12.fc2.com/tb.php/1312-a41a1e11

 | TOP | 

カレンダー

前月 « | 2017-08 | » 次月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事



最新コメント


カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ

トラックバック






プロフィール

junekei

junekei

■ HN ■
けい
■ 住んでるところ ■
千葉県
■ 趣味 ■
テニス
エアロビクス
ガーデニング

いずれもマイの気分次第!
■ その他 ■
美味しいもの大好き♪
オススメがあったら教えてネ☆



■ 愛犬 1 ■
  ジュン(June)


ゴールデンレトリーバー
1999年6月16日生まれ
おっとりしっとりの熟女
アレルギー持ちです。
主なアレルゲンは
鶏肉・小麦・米・豆類
オヤツをいただいても
お断りする場合がありますが
お気を悪くしないでくださいね。

その分、マイがいただきます(笑)



■ 愛犬 2 ■
  マイ(Mai)


フラットコーテッドレトリーバー
2004年5月30日生まれ
元気いっぱいやんちゃ娘
ジュンが食べられない分まで
いただいたオヤツは食べます!
だって食べても食べても太らないし~




お友だちブログ













素材屋さん












FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。